乳酸菌で子どものアトピーを改善しよう

乳酸菌と聞くとなんとなく身体にいいイメージがあると思う人は多いですよね。
もっと詳しく乳酸菌のことを知っておけば、健康に役立てることができるのです。
特に、アトピーの子どもに乳酸菌を摂取させることで症状を改善する効果が得られます。
ここでは、子どものアトピーを改善させるための乳酸菌の摂取の仕方についてご説明します。

植物性乳酸菌を摂取しよう

乳酸菌というとヨーグルトを一番に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
ヨーグルトに含まれている動物性乳酸菌は、酸などに弱いため腸にたどり着くまでに死んでしまうのです。
そのため、腸まで届く乳酸菌を加えている商品が多いのですね。
いっぽう糠漬けや味噌などに含まれる植物性乳酸菌は生きたまま腸に届きます。
アトピーの子どもは腸内環境が良くない場合が多いので、植物性乳酸菌を摂ることで、まずは腸内を整えることが大切なのです。

カゼイ菌がアトピーには効果的

アトピーの症状を改善することで知られているのはカゼイ菌が有名です。
カゼイ菌を効率よく摂取するためには食べ物だけでなくサプリなどを利用する方法もあります。
乳酸菌サプリは、子どもが飲んでも安心な商品が多いですから、カゼイ菌が含まれているものを選んで使うのも手です。
形状も様々で、カプセルタイプは飲みにくいという場合にはタブレットタイプがおすすめです。
フルーツ味など子どもが食べやすいよう工夫されていますよ。

乳酸菌を毎日の生活に

乳酸菌は腸内環境を整える効果の他に、アトピーの症状を改善する効果があることをお伝えしました。
子どもにとっても、アトピーのつらい症状が緩和されれば嬉しいはずです。
積極的に乳酸菌、特にカゼイ菌を毎日の食事やサプリなどで摂取するようにしましょう。
ちなみに、乳酸菌サプリを使うのは3歳以上からとなっています。
それよりも小さな子どもは腸内に乳酸菌が十分生息しているからです。
アトピー持ちの子どものいる人は、乳酸菌を上手に取り入れてみてはいかがでしょう。

肌荒れやアトピー肌に乳酸菌がおすすめ