目元の小じわは何故できる?改善法はオールインワンジェル

スキンケアやメイクしていると目元の小じわにふと気づいて、ショックを受けることもありますよね。

30代辺りから目元の小じわができやすくなり、放っておくと消えないくっきりした深いしわになてしまうんです。

目元の小じわの原因と対策について紹介しましょう。

デリケートな目元は乾燥しやすい

目の周りの皮膚は頬の3分の1くらいの厚さしかないですし、皮脂腺がかなり少ない部位なんです。

皮膚が薄いと肌の水分をためこみにくく、皮脂が少ないと水分の蒸発を防ぐ効果も低くなってしまいます。

目元が乾燥しやすくなってひび割れのように浅い小じわができてしまうんです。

保湿ケアが行き届いていないと20代前半女性でも、目元に小じわができてしまいます。

ただ、30代は肌の乾燥や肌全般のエイジングが進みやすいですから、小じわであっても放っておいてはいけません。

小じわが1本2本と増えていって、徐々に深いしわになってしまいます。

アイメイクとクレンジングの影響

マスカラやアイシャドウなど、バッチリアイメイクをしている女性ほど、目元の小じわができやすくなります。

アイメイクアイテムは肌に負担がかかりますし、アイメイクを落とす時にも刺激が加わって肌がダメージを受けてしまうんです。

その影響で乾燥しやすくなって、目元の小じわができやすくなります。

デリケートな目元に刺激を与えない

小じわ対策の第一歩は目元に刺激を与えないことです。

メイクもクレンジングもそうですし、スキンケアや洗顔でもこすったりしないように気をつけてケアしましょう。

また、目を酷使するほど小じわもできやすくなりますから、パソコンやスマホの使いすぎも要注意ですね。

オールインワンジェル おすすめ

アイクリームで徹底保湿

目元の浅い小じわケアは徹底的に保湿することで改善してくれます。

普通の保湿化粧品よりも、目元ケア専用のアイクリームを使いましょう。

低刺激で保湿力高く、目の周りに塗り込みやすいテクスチャーになっています。

エイジングが気になる30代にはうれしい美容成分が入っているタイプもありますから、肌に合うものを取り入れていましょう。

正しいケアで表皮の小じわのうちに食い止めて

目元の浅い小じわは表皮までしか達していませんから、正しいケアを行えば意外と簡単に改善できます。

これが真皮というもっと奥まで達してしまうと、くっきりとしたしわになってしまいます。

その前に食い止めてあげて、表皮の小じわのうちに消してしまいましょう。